2013年08月17日

世界陸上男子マラソンはロンドン五輪金メダリストのスティーブン・キプロティクが優勝



中本5位!日本勢8大会連続の入賞=世界陸上・男子マラソン

陸上の世界選手権第8日が17日、ロシアのモスクワで行われ、
ルジニキ・スタジアムを発着点となる
周回コースで行われた男子マラソンでは、中本健太郎(安川電機)
が2時間10分50秒の5位で入賞した。
日本選手の入賞は8大会連続となった。

気温24.4度、湿度33パーセントの中で行われたレースは
序盤5キロを15分43秒と遅いペースで始まった。
7キロ過ぎにエチオピアのタデセ・トラが一度は飛び出しに
成功するも、10キロ過ぎに中本や川内優輝(埼玉県庁)ら
含む2位集団が追いつき、日本勢は先頭集団でレースを進める。

中間地点の20キロを過ぎ、川内が先頭集団から離脱するが、
中本は集団の前方に付け、良いペースを刻む。
レースが動いたのは30キロ過ぎ、
トラやロンドン五輪金のスティーブン・キプロティチ(ウガンダ)が仕掛け、
中本は集団から遅れる。中本は一度は先頭に追いつくなど
粘りの走りを見せるが、アフリカ勢のペースの
上げ下げに付いていけず、メダル圏内から離脱する。
しかし、その後も順位を落とすことなく、
走りきり5位入賞を果たした。

優勝はキプロティチで記録2時間9分51秒、
2位はレリサ・デシサ(エチオピア)で2時間10分12秒、3位はトラで
2時間10分23秒だった。


posted by ジュン at 23:26| 世界陸上男子マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。